田中 隼人さん

田中 隼人さん

  • 現在の仕事内容はというと…
  • 当社に就職してhappyだと感じたのは…
  • 直面したハードルを越えたとき…
  • 心がけていること。それは…
仕事風景

■現在の仕事内容はというと…

九州支店(大野城市)で九州・沖縄エリアを対象にしてアスファルトプラントの営業をしています。最近はプラントの老朽化に伴う建て替えによるメリットのご提案や、既存設備での省エネ化のご提案が中心となっています。まだまだ駆け出しではありますが、お客様の抱えている問題・要望に応じたシステムをご提案することにより、当社の技術を理解していただき、またお客様の信頼を得られるよう、日々努力しております。

振り返ればですが…「技術職」がしたい!という強い思いで入社しました。
…が配属はというと、なんと営業職!!希望とは全く違いました…。

オフィシャルサイトでこういうことを語るのは『学生側の印象を悪くする』ということで普通タブーらしいです。ですが、ここは敢えて『こういうことも社会ではありうる!』ということをお伝えしようと思い書きました。

なお、当社では私みたいに希望職種ではない部署への配属ばかりかというと、そうではありません。レアなパターンだと思います。

正直、最初はかなり落ち込みました…。放心状態になったといえばいいのか…。今まで経験したことがないくらいに『大ダメージ』を受けました。

でも、いつまでも「くすぶっていてもしょうがない!」と気持ちを切り替え、今の営業職へのスタートを切りました。

現在の新入社員教育カリキュラムとは幾分研修内容が違うと思いますが、私が担当する製品のアスファルトプラント技術部門で2週間程度製品に関する研修を受け、東京本社に配属。東京では2年勤務しましたが、諸先輩方からは、学生の頃にはイメージできていなかった『社会(人)という世界の厳しさ』を教えていただきましたし、私がわからないことにはわざわざ時間を割いて親切に教えていただきました。今の私にとってあの頃受けたご指導は、今の私の仕事を進める上での『基礎』となっています(礼)。

3年目に現在の九州支店に転勤、今もその『基礎』を忘れないようにしながら日々奔走しております(汗)。

■当社に就職してhappyだと感じたのは…

仕事風景

これは当社に強く当てはまることだと思いますが、一言でいえば『感じられる達成感の違い』ではないでしょうか。担当している製品が大きくて複雑で高額であるが故に、お客様はもちろん社内の設計・製造・工事・管理部門等多くの方々とコミュニケーションをとり、また多くの調整を行いながら進めていくわけですが、これらの作業(仕事)を進めていくことにより味わえる達成感は他からは感じることができない達成感だと思います。またそれらが難しければ難しい程、担当した物件が完成した時は感慨深いところがあります。

営業はやはりお客様の窓口なので、お客様の要望や不明点を確認し、それらをどう社内に伝えていくか、またどうお客様に分かりやすく説明するかが難しいですね。完成したプラントを見ると、手塩にかけた自分の子供が一人前に育ったような気にもなります。といっても、実際の自分の子供はまだまだ小さいので一人前になった姿は見たこともなく、単なるイメージに過ぎないですけど(汗)。

■直面したハードルを越えたとき…

基本はアスファルトプラントの営業をしていますが、お客様から「こういったプラントが出来ないか?」という相談を受け、検討する事もあります。

3年前の案件では、新開発した材料を使い従来なかった新製品を作るプラントの検討でした。新開発の材料なので、当社のコア技術である『加熱』『混練』技術を駆使しながらも、『加熱方法はこれで良いのか?』『爆発はしないか?』『不具合は発生しないか?』等、加熱テストや混練テストを技術部門のメンバーと一緒になって何度も繰り返し行い、ようやくプラントが完成しました。
竣工式の際に、お客様のスピーチで「世界初のプラントが完成いたしました!」という言葉を聞いた時は、選考を受ける際の志望動機のような仕事に携わることができたと感じ、鳥肌が立つほど嬉しかったです!

■心がけていること。それは…

信頼関係を大切にするということです。

当社はアスファルトプラントで日本のトップメーカーです。営業活動を行っていると、今お使いのプラントは2台目、3台目というお客様も多く、中には1台目から当社のプラントを使っていただいているお客様もいらっしゃいます。さらには次期購入されるプラントは当社製を予定いただいているお客様もいらっしゃいます。1台目から使っていただいているお客様で考えてみると、約40年以上お付き合いいただいていることになります。

その長年継続している信頼関係を壊さないように、また新しいお客様とは新たに信頼関係を構築していけるように…。日本のトップメーカーである当社の技術や開発力をPR、提案し認めていただくことが信頼関係構築・継続には大切なことだと考えています。

▲ページトップへ