日工株式会社

会社情報

沿革

1919年  8月13日 兵庫県神戸市に出資金50万円を以て「日本工具製作株式会社」設立
1920年  1月 兵庫県明石市に工場を新設
1920年  4月 初商品となるショベルを発売
1921年11月 本社を明石市に移転
1949年  5月 大阪証券取引所に上場
1951年12月 コンクリートミキサ・ウインチなどの建設機械の製造を開始
1956年  4月 生コンクリートプラントの製造を開始
1958年10月 アスファルトプラントの製造を開始
1962年  3月 江井島工場(敷地約10万m²)を新設し、製造を開始
1962年  5月 東京証券取引所第一部に上場
1962年  7月 パイプサポートの製造を開始
1963年11月 パイプ足場の製造を開始
1966年10月 各種コンベヤの製造を開始
1968年  2月 日本工具製作株式会社を日工株式会社に社名変更
1968年  6月 合材サイロの製造を開始
1969年  1月 アスファルトプラントのオペレーター研修センターを開設
1971年  6月 日工電子工業(株)設立
1974年  5月 西独ベニングホーヘン社と技術提携
1977年  6月 代理店組織“トンボ会”を結成
1979年  3月 米国ボーイング社との技術提携
1981年  4月 生コンクリートプラントオペレーター研修始まる
1986年11月 東京技術サービスセンターを開設
1988年12月 台湾連絡事務所開設(現:台北支店)
1989年  3月 日工取引先持株会発足
1989年  4月 協力工事店組織“アキツ会”を結成
1989年11月 財団法人日工記念事業団設立
1991年  1月 ベニングホーヘン社(ドイツ)と資本提携
1991年  2月 決算期を11月30日から3月31日に変更
1994年  2月 ニッコーバウマシーネン(有)設立
1994年  3月 資本金91億9,760万円に増資
1994年  4月 トンボ工業(株)設立
1995年  4月 日工セック(株)設立
1999年  4月 北京駐在員事務所開設(現:日工上海北京事務所)
1999年  5月 (社)日本建設機械化協会奨励賞受賞
2000年  4月 海外事業部開設
2000年  4月 油汚染土壊浄化システムの製造・販売を開始
2001年  3月 プラスチック再商品化プラントの製造・販売を開始
2001年  4月 中国現地法人日工(上海)工程機械有限公司設立
2001年12月 環境計量事業所を開設
2002年  5月 Bilfinger Berger Umwelt社(ドイツ)と汚染土壌浄化事業で業務提携
2002年  6月 (株)新潟鐵工所とアスファルトプラント部門スポンサー引き受けについて基本合意
2002年  7月 (株)新潟鐵工所との財産等譲渡契約書の正式締結
2004年11月 日工(上海)工程機械有限公司、嘉定工業区への工場新設及び移転
2008年  4月 株式会社前川工業所の全株式の取得により子会社化
2018年  4月 自走式破砕機等を取り扱うモバイルプラント事業部を発足
2019年  8月 創立100周年を迎える
2020年  2月 タイ王国に販売・メンテナンスを行う現地法人 Nikko Asia (Thailand) Co., Ltd. 設立
2020年  6月 タイ王国に製造を行う現地法人 Nikko Nilkhosol Co., Ltd. 設立