日工株式会社

汚染土壌浄化設備

設備概要

中温加熱工法(NTR-System StageⅥ)を採用

汚染土を400~600℃に加熱し、油とベンゼンを気化させて土壌から有害物質を除去します。気化したガスは800℃で燃焼し、有害物質を分解し中和・無害化された後大気へ放出します。

中温加熱工法

処理能力

処理量 25t/h
土壌含水比 30%
土壌加熱温度 20℃→400 ~ 600℃
  補助乾燥バーナ 加熱バーナ
  [ プレヒートキルン側] [ メイン側]
形式 LNTBG-5 LNTBG-18
燃料 都市ガス13A 都市ガス13A
燃焼量 400Nm³/h 1400Nm³/h

※参考値としてお客様設備能力を記載しています。

NTRシステム適応一覧

NTR適応システム

アスファルトプラントで培った乾燥加熱技術、集塵技術、熱分解技術、冷却技術、制御技術をもとに、汚染土を浄化する技術を確立。現在、全国各地で運用されています。

機種 Stage I Stage II Stage III Stage IV Stage V
Stage VI
一次処理キルン加熱温度 (℃) 150~250 150~300 150~400 150~600 150~1000
一次処理キルン排ガス温度(℃) 120~180 120~200 200~500 200~800 200~1200
二次処理温度 (℃) ~800 ~800 ~800 ~1200 ~1200
三次処理キルン加熱温度 (℃) - 200~350 - - -
三次処理キルン排ガス温度 (℃) - 250~40 - - -
廃熱回収システム(熱交換器)    
機種 Stage I Stage II Stage III Stage IV Stage V
Stage VI
種類 汚染物質
油類 ガソリン相当
灯油相当
軽油相当  
A 重油相当  
B 重油相当  
マシン油  
C 重油相当  
VOC
揮発性有機化合物
第一種特定有害物質
タール・ピッチ・アスファルト    
四塩化炭素    
1.2-ジクロロエタン    
1.1-ジクロロエチレン    
シス-1.2-ジクロロエチレン    
1.3-ジクロロプロペン    
ジクロロメタン    
テトラクロロエチレン    
1.1.1-トリクロロエタン    
1.1.2-トリクロロエタン    
トリクロロエチレン    
ベンゼン
その他 水銀      
シアン      
農薬類      

関連装置

様々な種類の燃料に対応した
WELLバーナ

A重油・都市ガス・バイオマス燃料などに対応しています。詳細はこちらをご覧ください。

WELLバーナ主仕様 燃料 燃焼量 TDR
WELL-turbo A重油・灯油 50~2400 [L/h] 1:5

お客様に合わせて、最適なシステムをご提案させていただきます