日工株式会社

自走式土質改良機Mobix

特徴

建設発生土の有効利用、現場内利用の促進を目的に開発した自走式土質改良機で、高粘性土から砂質土まで、さまざまな原料土を効率よく高品質な土質に改良します。本製品の活用により、作業性・改良品質の向上と、周辺環境に配慮した施工が期待できます。

※各装置の説明は、番号をクリックしてください。

1. 品質管理・⽣産管理

  • データ管理

    データ管理
    排出コンベヤのコンベヤスケールから改良⼟製品重量を記録し、さらに固化材スクリューの切出し量から使⽤量を算出します。これらのデータはSDカードに記録し、パソコン等で簡単に集計作業が⾏えます。(オプション︓印刷プリンタ搭載可)
  • タッチパネル

    タッチパネル
    操作盤モニタには、視認性に優れた10.4インチワイドカラー⾼輝度液晶モニタを採⽤。ここから各機器の起動や設定変更が可能です。
  • タブレット・ウェブカメラ(オプション)

    タブレット・ウェブカメラ(オプション)
    タブレットとウェブカメラを⽤いたリモートコントロールを実現。ウェブカメラを搭載し、タブレットからリアルタイムでの映像チェックや、無線接続による安全な場所からの操作が簡単に⾏えます。

2. 連続ミキサ

コンクリート業界で定評のある混合機は、スクリュー⽻根+スパイラル⽻根採⽤によるパワフルでダイナミックな混錬を実現。さまざまな形状の原料⼟に対応します。(最⼤礫(れき)径65mm)


スクリュー⽻根


スパイラル⽻根

3. スライドゲート機構(メンテナンス向上)

作業終了時、スライド機構により清掃作業の簡便化がはかれます。


稼働中(閉)


油圧シリンダによるゲート開閉

4.固化材ホッパ(オプション︓⼆次液添加⽤ポンプ搭載可)

  • 搬送時にはコンパクトに折りたためる固化材ホッパの採⽤により軽量化を実現し、作業性を向上させました。


    ホッパ(収納時)

  • インバータによるスクリューフィーダの回転コントロールで固化材の定量供給を⾏います。


    スクリューフィーダ

  • 固化材の架橋現象やラットホールの発⽣を防⽌して添加精度を向上します。回転速度制御により、均⼀な固化材排出を実現します。バックオープナーによる楽々投⼊が可能です。


    ホッパの内部


    アーチブレーカー

仕様

機械質量 kg 23,000
寸法 全長 mm 13,300
全幅 mm 2,980
全高 mm 4,430
輸送時全高 mm 3,500
発電機 名称 KOHLER 100REOZJ4
エンジン 型式 米国John Deere 4045HFG09
出力 kW/rpm 124/1,800
ミキサ 混練方式 2軸式強制練ミキサ 型式:GTM-50
能力 m3/h 50~100
動力 kW 22×2台
原料土ホッパ 容量 m3 0.9
原料土供給コンベヤ ベルト幅 mm 900
ベルト動力 kW 3.7
能力 m3/h 50~100
改良土排出コンベヤ ベルト幅 mm 900
ベルト動力 kW 5.5
能力 m3/h 50~100
固化材ホッパ 容量 m3 3.0
固化材供給量 能力 t/h 2~10
供給⽤クレーン
(オプション)
能力 t 2.9

紹介動画

お客様に合わせて、最適なシステムをご提案させていただきます

製品紹介