日工株式会社

破袋機

特徴

分別作業の前には
破袋作業が必要です

破袋作業において、無理・無駄はございませんか?破袋機を導入することにより、選別効率も上がり、コストの削減が可能です。

処理対象物

  • びん
  • ペットボトル(PET)
  • その他プラスチック類

破袋機を導入することにより、この様な作業から解放されます

  • ストックヤードでの破袋作業<危険作業>
  • コンベヤラインへの手投入<重労働>

破袋機の導入後は、破袋作業がライン化されます

破袋前 重機投入 除袋作業 ビニール袋 資源物

仕様

形式 KH-900
処理能力 ~24m³/h
処理対象物 缶・びん・PET
電源 2.2kW 200V 3φ
形式 KH-1200
処理能力 ~37m³/h
処理対象物 缶・びん・PET
電源 3.7kW 200V 3φ
形式 KH-1500
処理能力 ~51m³/h
処理対象物 缶・びん・PET
電源 5.5kW 200V 3φ

KHYシリーズ

KHYシリーズはKHシリーズを進化させ飲料容器以外についても対応しております。

形式 KHY-1200 KHY-1500
処理能力 ~80m³/h ~100m³/h
処理対象物 容リプラ・缶・びん・PET・可燃物
電源 3.7~5.5kW 200V 3φ 5.5~7.5kW 200V 3φ

※処理対象物により変えております。

除袋機

破袋されたビニール袋の除袋作業を自動化することができます。

紹介動画

袋回収された缶・びん・PET、その他プラ類を二軸の刃により破袋を行います。破袋後は、コンベヤ(オプション)より排出します

お客様に合わせて、最適なシステムをご提案させていただきます

製品紹介