日工株式会社

最先端のニーズにお応え!

環境関連装置

長年にわたって培ってきたプラントエンジニアリングの技術を基盤に
お客様のニーズに応える最先端プラント装置を開発しています。

リサイクル

廃石膏ボードのリサイクル

廃石膏ボードを有効利用し、循環型社会を構築

石膏ボードは、安価で耐火性、断熱性等に優れていることから、一般家屋などの建築資材として広く普及しています。 その一方で、廃石膏ボードの年間排出量は約110万t(2010年)と推計されており、これらのほとんどは産業廃棄物として埋め立て処分されています。
日工では、こうした社会課題の解決に役立つ、廃石膏ボードのリサイクルのための製品を開発しました。

廃石膏ボード乾燥装置

廃石膏ボードを加熱脱水させる装置です。半水石膏を製造することもできます。

無水石膏製造装置

廃石膏ボードを焼成して無水石膏を製造します。

廃石膏ボードの年間排出量110万トン

飲料容器の再資源化

飲料容器の選別・圧縮設備をご提案

飲料容器から、スチール缶・アルミ缶を選別・圧縮する設備です。圧縮された缶は1/10に減容され、運搬・保管 コストの削減につながるだけでなく、選別・圧縮工程は自動化されているため省人化が図れます。 小スペースでの設置が可能で、ユニット構造のため設置後すぐに運転が可能です。

リサイクルシリーズ

ユニット型の缶・びん選別圧縮機をラインアップ

破袋機

袋回収される廃棄物を効率よく安全に破袋することができます。

飲料容器を選別・圧縮

CO2削減

バイオマスエネルギーの再利用

バイオマス発電設備の性能をより引き出すために

バイオマス燃料として、未利用の間伐材や製材向上等残材、建設発生木材などを活用することで、CO2の削減と、エネルギーの有効利用を実現します。 日工では、バイオマス燃料の供給や乾燥・燃焼のための設備を開発。燃費だけではなく、ばいじん対策・火災対策にも十分に配慮された設備をご提案します。

バイオマス燃料に加工
木質バイオマス供給設備

混焼率にあわせて、木質ペレットの供給量を制御することができます。

チップ乾燥設備

廃木質チップに含まれる水分量を均一化するための乾燥設備です。

バイオマスバーナ

カーボンニュートラルな燃料を使用したバーナです。

土壌浄化

汚染土壌の浄化

プラント技術を結集させた加熱による土壌浄化技術

日工は1999年に国内初の低温加熱浄化プラントとして、軽質油の土壌浄化を実現。 現在は、軽質油・重質油・VOC(揮発性有機化合物)・シアン化合物を対象とした設備をラインアップしております。
土壌を加熱することで、有害物質が気化されるメカニズムで土壌浄化を行う設備ですが、EGR技術(排熱利用)を 取り入れたり、高温熱風を燃焼空気に利用したバーナーの開発など、燃費削減への取組みも行っています。

廃石膏ボード乾燥装置

中温加熱工法(NTR-System StageⅥ)を採用した浄化設備です。

加熱・分解して有害物質を除去

お客様に合わせて、最適なシステムをご提案させていただきます

製品紹介