日工株式会社

製品紹介

ECBミキサ

特徴

「練り込み+造粒」が可能な特殊⽻根を採⽤した⼆軸造粒ミキサ

潰し⽻根で⾼粘性材料を効率的にすり潰し、固化材の練り込みが可能。同時に、その潰し⽻根で造粒効果が発⽣します。
ミキサ側⾯を全⾯観⾳開きができ、清掃・メンテナンス性を⾼めています。

仕様

型式 ECB-100 ECB-500 ECB-750 ECB-1000 ECB-1500 ECB-1800
基準造粒容量(kg/バッチ)※ 100 500 750 1,000 1,500 1,800
動⼒(kW) 7.5 30 22×2台 30×2台 45×2台 55×2台

※材料により異なります。

導入実績

⽯炭⽕⼒発電所で発⽣する⽯炭灰を、粒状地盤材料にリサイクル

⽯炭⽕⼒発電所での発電過程で発⽣する⽯炭灰を、⽔やセメントなどと撹拌・混合し、短時間で粒状地盤材料にリサイクル、製品化する技術に⼤きく役⽴っています。
作られる地盤材料は、粒の⼤きさや強度を⾃由に選定できるほか、軽量かつ⻑期安定性に優れ、環境にもやさしい製品です。

お問い合わせ内容について

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。